忍者ブログ
Noblesse Oblige
Blog so-net and oricon お引越し
ブログ内検索
11 10 8 9 7 6 5 4 3 2 1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いま「ゴッホのジャポニズム」という記事でアップしたのがソウル美術館所蔵の「花咲くの木」でした。

Small_pear_tree_in_blossom_188.jpg

ゴッホ 花咲く小さな梨の木
ファン・ゴッホ美術館

この作品に似た浮世絵があったのですが思い出せません・・・。

追記 わかりました!
こちらの記事「ゴッホ 広重の武蔵越がや在」からどうぞ。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
みんなも知ってるタンギー爺さん パリ・イリュストレ
ご存知ゴッホの「タンギー爺さん」の背後に描かれている浮世絵。三代目歌川豊国(歌川国貞時代)の 「三世岩井粂三郎の三浦屋高尾」だ。 三浦屋高尾とは三浦屋に伝わる高尾太夫のことで、吉原の太夫で一番といわれる花魁。この「高尾」は三浦屋の遊女たちに代々襲名されたもの。彼女は何代目なんだろうか。作品「タンギー爺さん」では、左側で爺さんを眺めているように描かれている。 Paris illustre vol. 4, May 1886(le japon No.45-46) 続いて二人目の花魁登場。 Par...
URL 2010/02/05(Fri)00:11:22
ゴッホの贋作
  ゴッホ Vincent VAN GOGH  シカゴ美術館 「アルルの部屋 La chambre de Van Gogh」 私、ゴッホはあんまり好みじゃないんだけどね。XAIから、またまたゴッホの贋作を知って。 それもその疑いがあるんだー。 この「アルルの部屋」っていう3枚の中の1枚も贋作といわれているって。でも「この絵に感動した」という人も多い。「ひまわり」だって100%本物でしょうか。 あの美術館のダ・ヴィンチ作 「モナリザ」だって、90%の本物です。 ...
URL 2010/02/05(Fri)00:14:19
ゴッホ 宗教画
CAT-V SQUARE Blog 2006年08月19日引越し記事 「Die Verwandlung」のルイ・ヴィトンに展示されているドラージュの記事にxaiは別ブログで一言(一画像記事)の「ゴッホの肖像画がフェイクだって」からはじまって、贋作だといわれた「ある男の肖像」を掲載。なんだか、見たことあるような、ないような・・・。 ブログ「XAI」ではひまわりの三幅対、ジャポネズリー(タンギー爺さんの浮世絵の背景が異なるものも掲載されている)、みたこともない薔薇やデイジーのゴッホの作品(女性陣が多い...
URL 2010/02/05(Fri)00:16:48
ゴッホ 広重の武蔵越がや在
歌川広重 富士三十六景 武蔵越がや在 これもゴッホが倣ったのではないかとされる浮世絵。 楓の和blogの記事 「ゴッホ 花咲く小さな梨の木 」 ソウル美術館 「ゴッホのジャポニズム」の「花咲く桃の木(あるいは花咲くアーモンドの木)」ソウル美術館 この二つの記事のゴッホの作品はこれじゃないかと。 みんな知っているゴッホの浮世絵はこちら。 続きを見る・・・
URL 2010/02/20(Sat)17:46:33